ダイエットとガジェッツ(その1)

最近、メタボリックシンドロームという言葉が氾濫している。コンビニの飲料コーナーには、体脂肪を減少させるというふれこみの飲み物がいっぱいあるし、テレビ番組ではしょっちゅう「10日で○○%体脂肪率減少とか○○キロやせたとかの特集が・・・

かく言う私も、実はやっているのです、ダイエット。今年の4月に転勤して、同じ東京ですが職場が変わったのですが、夏ごろばったり会った以前の職場の同僚が道端で大笑いして「お前太ったなぁ・ハハハ・・」と言われてしまいました。その先輩曰く遠くからも分るくらい幅が、というかおなかが太ったぞということで、これはショックでした。確かに以前の職場よりはストレスも少なく、深夜まで残業がしょっちゅうということが無くなった分、数キロ太っていたのですが。

これはやせないとマズイと思ったわけです、で、ダイエットのためには食事を控えることと運動ですよね。脂っこい食事は避けて、お酒はビールよりも焼酎で、運動は苦手なのでとりあえず朝晩の腹筋ということでダイエット計画開始。2ヶ月経っても思うように効果が現れません。確かに決定的な対策とまではいっていません。酒も相変わらず飲んでいるし昼のランチは同僚ときっちり外食・・・運動といえるまでのことはない多少の腹筋では。

そこで、秋から対応を見直すことにしました。ここでガジェッツ、つまり小道具を使うことにしました。ガジェッツ好きの私としては必要なツールはすぐ決まります。以前から体脂肪体重計は使用していたのですが、毎朝計って値をメモしエクセルに入力してグラフにして自己啓発にしようと思っていたのですが、なかなか続かない。それと、朝晩の軽い腹筋運動では不十分ということで、ウォーキングを取り入れることに。ここにも電子万歩計が必要と言うことで、ここでいっそのこと体脂肪体重計と電子万歩計がセットになって、それも体脂肪、体重、筋肉率などのデータと歩数データがパソコンに転送できてグラフにしたり自分で体重などの変化が監察できる機能もついた物を買うことにしました。
d0041072_18285547.jpg
それはオムロンの製品でデータをパソコンで管理できるのはこれだけではないでしょうか。ヨドバシ秋葉店で買ってまいりました。さっそく万歩計は毎日ズボンのポケットに忍ばせて、朝の犬の散歩から通勤、ランチタイムのウォーキング、土日といつも着用です。以前からある機械式の万歩計と違うのは、カバンの中とかに入れていてもちゃんと歩数をカウントしてくれるところです。2軸のセンサーが入っていて正確です。それに、何時台に何歩歩いたか、歩幅を入れておくと何キロ歩いたか、カロリーはどのくらい消費したかというのが過去2週間分まで記録されます。
d0041072_18283938.jpg
もちろん万歩計単体でそんなのを観ても面白くも何ともないので、ここから先はパソコンの登場です。USBケーブルでパソコンにつないでソフトを立ち上げデータを取り込むと、グラフ、表など、日単位、週単位、年単位といろいろな見方が出来ます。それと、会員登録しておくとそのデータをインターネット上のサーバーにアップロードでき、日本縦断ウォーキングとか、同年代の会員の中で何番目くらいいっぱい歩いているかとかを知ることが出来ます。まあ、ここまでやるとちょっとオタクの部類になってしまうかもしれませんが、やってみて思ったのは私と同じようにというか、真剣にウォーキングでやせたいと思っている人たちがたくさんいるということです。
d0041072_18381019.jpg
d0041072_18382138.jpg
こんなわけで10月中旬からウォーキング強化版のダイエットに移行したのですが、効果はいかに、果たして痩せるのかというとこまで書いて、随分長文となっていることに気が付きました。
今回の日記は2部構成にしようっと。
[PR]
by tamapool | 2006-12-13 23:55 | ガジェッツ


<< ダイエットとガジェツ (その2) 007 / カジノ・ロアイヤル >>