ダイエットとガジェツ (その2)

万歩計というものはそれを持つだけで歩きたくなるものです。そこに表示される歩数という数字をいかに増やすかに集中できます。ランチタイムに少し遠くのレストランまで歩くとか、少し遠いところでも徒歩で行きたくなるとかも全てこの万歩計というやつの仕業です。朝の犬の散歩も週末の買い物もいつでも身につけます。逆に、歩いたのに万歩計にカウントされないのはもったいないという気になります。万歩計を忘れるなんていうのはもってのほか、忘れたら多分歩く気が起きないでしょう。万歩計は麻薬です。

毎日歩いていると、朝の公園までの犬の散歩は2,000歩、自宅から駅までは1,500歩というふうにいろいろな区間の歩数が分かってきます。そうこうしているうちに一日の目標歩数を決めました。一日10,000歩、それが目標。単純にいって朝の散歩と駅までの往復で5,000歩ですから、あと5,000歩どこかで歩かなければいけない計算です。

平日は朝晩の駅までの道のり以外はランチタイムしかありませんから、ウォーキングを開始するまでは同僚とゆっくりたっぷり食べていたランチを職場の食堂など軽いものにかえて、時間を作って職場の回りのオフィス街(といっても私のところは回りに出版社などが多い九段下・神保町エリア)を散策しながらのウォーキングをできるだけ取り入れるようにしました。また先日は、図書館に行ってデューク更家さんのダイエットウォークの本を借りてきて読んだりましました。今更ながらちゃんと歩くというのは健康に良いんだなぁというのが感想。
d0041072_13543668.jpg

そういうことでウォーキング開始から1月あまり経った時点(11月末時点)でグラフを見返してみると・・・う~ん、あまり体重は落ちてない、それに体脂肪とか筋肉率も改善していない。聞けば、2ヶ月くらいやらないと効果が見えてこないとか。気が短い自分としてはイライラ。目で見れるくらいの改善が望まれるところです。ここまでは食事に変化を付けることはありませんでしたが、やはりこちらも対応しないと駄目か・・・。職場の健康関連プログラムを見てみると、「腹八分目」とか「脂っこい食事を避ける」とかいろいろ書いてあるし。ランチで腹一杯食べ続けていたり、飲み会でビール、焼酎、生グレープフルーツサワーと飲み放題をやったりではやはり駄目か。(駄目に決まってるだろう!という声が聞こえそう・・・)
ということで次回は食生活の改善をしたあとの話。なんとその3まで来てしまいました、ダイエットの話。
[PR]
by tamapool | 2006-12-17 23:30 | ガジェッツ


<< ダイエットとガジェツ (その3) ダイエットとガジェッツ(その1) >>