カテゴリ:ロンドンでのお仕事( 3 )

CAA (Civil Aviation Authority) にご挨拶

NATSと同様に、今回お世話になったCAA/SRG (Safety Reguration Group)のDr Sue Bakerに会ってきました。SRGはガトウィック空港近くにあり、私の家から電車で約35分くらいで行くことが出来ます。ロンドンのセンターに行くよりガトウィック空港の方が近いです。電車のホームはターミナルビルに直結していて、CAAに行く私はすぐターミナルビルを出てバスターミナルに向かいます。そこで100番か200番のバスに乗りCity Placeという空港近くのビジネスエリアで降りるとすぐCAAのビルが見えてきます。近くにASR/SSRが回っていたりします。

d0041072_97247.jpgd0041072_98593.jpg

 CAAは英運輸省の指導の下、航空におけるレギュレーションを司っている機関で、今回の研究対象のNATSとは以前一体の組織でした。その後、管制サービスを提供するプロバイターとその運営を管理監督するレギュレーターの分離が叫ばれ1996年に分離しました。日本では航空局が管制サービスの提供を含む全ての航空行政を行っており、体制が異なります。
 Dr BakerはHead of Human Factorで、航空関連のインシデント(事故ではないが危険な状態)におけるヒューマンファクターを担当しています。
d0041072_981883.jpg

[PR]
by tamapool | 2005-06-21 23:41 | ロンドンでのお仕事

Mr. Guy (National Air Traffic Service) とのLast Meeting

d0041072_3212239.jpg 今回の渡英で一番お世話になったNATSのMr. Guy (Chief Engineer Systems Design & ATM System Architect)と最後の面談に行ってきました。人事院に提出するレポートのラフ版を見てもらうのが主な目的でした。最近EUROCONTROLとECで立ち上げたSESAMIプロジェクトの実質的な担当者に選ばれて、SESAMIの本拠地であるフランスのツールーズに行ったり来たりしているそうでとても忙しい人です。そんな中、時間を作って、ロンドンのオフィスで会ってくれるアポを入れていただき恐縮でした。実は彼は今回のNATSでの私の調査のスポンサーなのです。彼の理解なしには実現できなかったと思うと感謝の気持ちで一杯になります。

d0041072_3401242.jpg 場所は地下鉄Enbankment駅近くのNATSのオフィスで、Waterloo駅からテムズ川を渡って徒歩10分くらいの所です。NATSのHeadquarterはすでにイングランド南岸のFarehamというところに移転していて、ロンドンのオフィスはこことHeathrow空港にあります。いつもはすぐにエレベーターに乗るのですが、今日は受付の人に呼び止められ、名前を書きなさいと言われました。

Farehamではセキュリティーが非常に厳しく、写真撮影も禁止、カメラも受付に預けるという体制だったので、今回やっと彼との記念撮影が出来ました。
[PR]
by tamapool | 2005-06-18 03:42 | ロンドンでのお仕事

日本大使館にご挨拶

d0041072_257496.jpg 今回の渡英で、先方との受け入れ調整をしていただいた大使館の方に帰国前のご挨拶に伺いました。逆に昼食をごちそうになり申し訳なかったのですが、渡英の目的である英国航空管制とシステムについての調査について多少ご報告してきました。G8が近いのでお忙しいところおじゃまして申し訳ありませんでした。
 グリーンパーク近くにある日本大使館から近くの日本料理レストラン(店の名前は失念しました)に入ると、中は日本そのもの。霞ヶ関か虎ノ門かと言う感じで、一瞬日本に帰ったような錯覚を覚えました。ランチタイムのメニューから魚を選んで食べたのは言うまでもありません。
[PR]
by tamapool | 2005-06-16 23:33 | ロンドンでのお仕事