<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

家内の友人からの誕生日ケーキ

毎年大晦日が近づくと、家内の友人でありゴルフ友達でもある奥様(Mさん)が誕生祝いのケーキを届けてくれます。もう何年もの間いただき続けているこのケーキは、成田市在住のMさんが成田のケーキの名店に注文して作っていただいたものです。なんでもその店は成田方面に来たときプロゴルファーの岡本綾子さんも注文にやってくるというお話。

家内とMさんのおつき合いは私達が成田に住んでいた頃(8年前)に家内がゴルフレンジで打ちっ放しの教室に通っていた頃からです。その後も家内とゴルフに一緒にいってくださったり、家内がお宅におじゃましたり・・・ 金婚式に2人でおじゃましたり、お孫さんのクラシックのコンサートを2人で聴きに行ったりと、おつき合いは長いものです。

で、なんで私の誕生日ケーキをいただいているのかと言うことになりますと、Mさん曰わく、「大事な奥様をいつもお借りして、ゴルフに行ったり、パソコンを教えて頂いたりで旦那様に申し訳ないから・・・」だとか。逆に家内がごちそうして頂いたりいろいろお世話になっているのに恐縮していまいます。

おかげさまで正月準備の中、ないがしろにされがちの私の誕生日にも、すてきなケーキが加わり、1才年をとるのにも少しほっとした雰囲気が加わっています
d0041072_1747412.jpg
今年いただいたケーキはチョコレートで全体がコーティングされて、中は3段で美味しいラフランスが入っていました。本当に美味しかったです、どうもありがとう。でも私も四捨五入して○○才になりますので、もうお気持ちだけで結構ですよ、M村様。
d0041072_17482550.jpg

[PR]
by tamapool | 2006-12-31 22:27 | 身のまわりの一コマ

のだめカンタービレ

毎週月曜日にフジテレビでやっていた「のだめカンタービレ」が先日最終回を迎えました。
私はこのドラマが大好きで毎週待ち望んで観ていました。何で好きかなんて理屈は述べませんが、とにかく放映が終了してしまったことは寂しい限りです。二人がフランスに留学するということになったので、もしかしたら続編のドラマが作られるかもしれないと期待しています。でも、フランスを舞台にしたドラマをフジテレビで作れるのか、経費的に少し疑問です。

続編を待てずに、コミック本を買ってしまおうかと思っていたりもします。既に16巻出ているようで、Amazonか何かで一括で買ってしまおうかと・・・

また、少し前から、このドラマのおかげでにわかクラシック聴きになっていたりもします。ドラマに出てきた曲を中心に、日々通勤時間等にiPodで聴いています。ドラマの一シーンを思い出したりして。近いうちにクラッシックのコンサートを聴きに行きたいとも考えています。

http://www.fujitv.co.jp/nodame/index2.html
[PR]
by tamapool | 2006-12-27 23:01 | 映画・音楽・テレビ

後輩の帰国

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、私が一昨年の1月から6月の間、ロンドンに滞在していたのは公務員が自分の仕事をさらに磨くために、短期間海外で研究に没頭できるスキームによるものでした。そこでいろいろな勉強をし、いろいろな方と出会って、40を過ぎた人生で想像もつかないようなほどのものを得ることができました。

私は平成16年度生なのでが、平成18年度にこのスキームに合格してたまたま同じロンドンで、同じ研究対象(テーマは異なりますが)を勉強された後輩が帰国し、本日顔を見せてくれました。彼女が出発したのは夏でしたから、そろそろ帰ってくる頃だなぁと思っていたところです。
d0041072_1353224.jpg
ハロッズで買ったというお菓子を片手に職場にひょっこりと現れたので少しびっくりしましたが、ロンドンのみやげ話を聞くのは大変楽しいものです。職場だったのであまり長くは話ができず残念でしたが、別の機会に続きを聞きたいと思っています。ただ、彼女は研究報告書を書かないといけないので、ここ1ヶ月くらいは忙しいことでしょう。以前の自分を思い出します。

ロンドンつながりの知人が増えました。

P.S. いただいたお菓子を家内と少しずつ食べています。ヌガーみたいなやつとか、
  ナッツ入りとかいろいろあって楽しいのですが、その中でも縁がオレンジの甘酸っ
  ぱいやつがお気に入りです。Yさんどうもありがとう、でもハロッズのどこに売ってい
  るのだろう?
d0041072_216587.jpg

[PR]
by tamapool | 2006-12-26 23:05 | 帰国後の話

ダイエットとガジェツ (その3)

12月から、食事にも気を使うようにしました。まず、腹八分目ということで基本的にはご飯を半分残したりするようにしました。炭水化物がほとんどのご飯やパンは、腹持ちが良いし食べた~っていう実感を感じるために重要ではありますが、カロリー的には控えるべきものでもあります。以前、話題になったアトキンスダイエットは極力炭水化物を食べず、逆に肉はいっぱい食べてもいいというものでした。

それと、これもまた誰でも知っている夜9時以降は食事をしないようにつとめるとか、飲むときはあまり多く食べないとか・・・1日の食事を全体のカロリーで考え、昼多く食べたかったら夜少なめとかも。最初は少し頑張りすぎて、ランチにそばだけとかにしたりもしました。そんなことするとそれはてきめんで、翌日500グラムくらいはすぐ減ったりします。面白いけれどこれは痩せたことにはなりません、ちゃんと食べればすぐに戻るから。

それでもグラフを見るとじわじわ減っているようにも見える、振れ幅はあるものの平均で1キロくらいは減ったような。試しにグラフを年間表示にしてみると、
d0041072_9163544.jpg

こんな感じで少しずつ体重が減っているのが分かります。まだ1キロくらいで喜んではいられませんが、この調子を維持しないと行けません。やはりウォーキングだけではだめで、食生活にも工夫が必要というか食べないということはいかに簡単に体重を減らせるかが実感できました。この調子で少し様子を見ることにしましょう。
[PR]
by tamapool | 2006-12-18 23:30 | ガジェッツ

ダイエットとガジェツ (その2)

万歩計というものはそれを持つだけで歩きたくなるものです。そこに表示される歩数という数字をいかに増やすかに集中できます。ランチタイムに少し遠くのレストランまで歩くとか、少し遠いところでも徒歩で行きたくなるとかも全てこの万歩計というやつの仕業です。朝の犬の散歩も週末の買い物もいつでも身につけます。逆に、歩いたのに万歩計にカウントされないのはもったいないという気になります。万歩計を忘れるなんていうのはもってのほか、忘れたら多分歩く気が起きないでしょう。万歩計は麻薬です。

毎日歩いていると、朝の公園までの犬の散歩は2,000歩、自宅から駅までは1,500歩というふうにいろいろな区間の歩数が分かってきます。そうこうしているうちに一日の目標歩数を決めました。一日10,000歩、それが目標。単純にいって朝の散歩と駅までの往復で5,000歩ですから、あと5,000歩どこかで歩かなければいけない計算です。

平日は朝晩の駅までの道のり以外はランチタイムしかありませんから、ウォーキングを開始するまでは同僚とゆっくりたっぷり食べていたランチを職場の食堂など軽いものにかえて、時間を作って職場の回りのオフィス街(といっても私のところは回りに出版社などが多い九段下・神保町エリア)を散策しながらのウォーキングをできるだけ取り入れるようにしました。また先日は、図書館に行ってデューク更家さんのダイエットウォークの本を借りてきて読んだりましました。今更ながらちゃんと歩くというのは健康に良いんだなぁというのが感想。
d0041072_13543668.jpg

そういうことでウォーキング開始から1月あまり経った時点(11月末時点)でグラフを見返してみると・・・う~ん、あまり体重は落ちてない、それに体脂肪とか筋肉率も改善していない。聞けば、2ヶ月くらいやらないと効果が見えてこないとか。気が短い自分としてはイライラ。目で見れるくらいの改善が望まれるところです。ここまでは食事に変化を付けることはありませんでしたが、やはりこちらも対応しないと駄目か・・・。職場の健康関連プログラムを見てみると、「腹八分目」とか「脂っこい食事を避ける」とかいろいろ書いてあるし。ランチで腹一杯食べ続けていたり、飲み会でビール、焼酎、生グレープフルーツサワーと飲み放題をやったりではやはり駄目か。(駄目に決まってるだろう!という声が聞こえそう・・・)
ということで次回は食生活の改善をしたあとの話。なんとその3まで来てしまいました、ダイエットの話。
[PR]
by tamapool | 2006-12-17 23:30 | ガジェッツ

ダイエットとガジェッツ(その1)

最近、メタボリックシンドロームという言葉が氾濫している。コンビニの飲料コーナーには、体脂肪を減少させるというふれこみの飲み物がいっぱいあるし、テレビ番組ではしょっちゅう「10日で○○%体脂肪率減少とか○○キロやせたとかの特集が・・・

かく言う私も、実はやっているのです、ダイエット。今年の4月に転勤して、同じ東京ですが職場が変わったのですが、夏ごろばったり会った以前の職場の同僚が道端で大笑いして「お前太ったなぁ・ハハハ・・」と言われてしまいました。その先輩曰く遠くからも分るくらい幅が、というかおなかが太ったぞということで、これはショックでした。確かに以前の職場よりはストレスも少なく、深夜まで残業がしょっちゅうということが無くなった分、数キロ太っていたのですが。

これはやせないとマズイと思ったわけです、で、ダイエットのためには食事を控えることと運動ですよね。脂っこい食事は避けて、お酒はビールよりも焼酎で、運動は苦手なのでとりあえず朝晩の腹筋ということでダイエット計画開始。2ヶ月経っても思うように効果が現れません。確かに決定的な対策とまではいっていません。酒も相変わらず飲んでいるし昼のランチは同僚ときっちり外食・・・運動といえるまでのことはない多少の腹筋では。

そこで、秋から対応を見直すことにしました。ここでガジェッツ、つまり小道具を使うことにしました。ガジェッツ好きの私としては必要なツールはすぐ決まります。以前から体脂肪体重計は使用していたのですが、毎朝計って値をメモしエクセルに入力してグラフにして自己啓発にしようと思っていたのですが、なかなか続かない。それと、朝晩の軽い腹筋運動では不十分ということで、ウォーキングを取り入れることに。ここにも電子万歩計が必要と言うことで、ここでいっそのこと体脂肪体重計と電子万歩計がセットになって、それも体脂肪、体重、筋肉率などのデータと歩数データがパソコンに転送できてグラフにしたり自分で体重などの変化が監察できる機能もついた物を買うことにしました。
d0041072_18285547.jpg
それはオムロンの製品でデータをパソコンで管理できるのはこれだけではないでしょうか。ヨドバシ秋葉店で買ってまいりました。さっそく万歩計は毎日ズボンのポケットに忍ばせて、朝の犬の散歩から通勤、ランチタイムのウォーキング、土日といつも着用です。以前からある機械式の万歩計と違うのは、カバンの中とかに入れていてもちゃんと歩数をカウントしてくれるところです。2軸のセンサーが入っていて正確です。それに、何時台に何歩歩いたか、歩幅を入れておくと何キロ歩いたか、カロリーはどのくらい消費したかというのが過去2週間分まで記録されます。
d0041072_18283938.jpg
もちろん万歩計単体でそんなのを観ても面白くも何ともないので、ここから先はパソコンの登場です。USBケーブルでパソコンにつないでソフトを立ち上げデータを取り込むと、グラフ、表など、日単位、週単位、年単位といろいろな見方が出来ます。それと、会員登録しておくとそのデータをインターネット上のサーバーにアップロードでき、日本縦断ウォーキングとか、同年代の会員の中で何番目くらいいっぱい歩いているかとかを知ることが出来ます。まあ、ここまでやるとちょっとオタクの部類になってしまうかもしれませんが、やってみて思ったのは私と同じようにというか、真剣にウォーキングでやせたいと思っている人たちがたくさんいるということです。
d0041072_18381019.jpg
d0041072_18382138.jpg
こんなわけで10月中旬からウォーキング強化版のダイエットに移行したのですが、効果はいかに、果たして痩せるのかというとこまで書いて、随分長文となっていることに気が付きました。
今回の日記は2部構成にしようっと。
[PR]
by tamapool | 2006-12-13 23:55 | ガジェッツ

007 / カジノ・ロアイヤル

007を観に行った。007って随分ロングランな映画だけれど、今回第何作なのかとか新しいJames Bondを誰が演じているのとかあまり予備知識はなかった。ただ、James Bondが「殺しのライセンス、”00”をもらったばかりの頃のストーリーということと、Bond役が新しい俳優だということくらいを知っていた。

近所の新興住宅地に昨年出来たばかりのシネコンで観たのだが、封切りから少し経っていたためか日曜の夜の部にこのような新興住宅地の家族連れが来ないものなのかは分からないが、小さめのスクリーンとはいえ、せいぜい20名くらいしか入っていないのは少し不安だった。「つぶれないでくれよ~」という意味で。

余談はおいておいて、007、なかなか充実した内容だ。今までのイメージはアクションや仕掛けなどで息をのむシーンの連続、敵は世界征服をねらう悪の枢軸・・・という感じ。(あくまで私のイメージね)なのだが、今回の007はずっと人間的、それは新米諜報部員当時のストーリーだからかもしれないが、時代設定は9/11以降で対テロリストの話となっていて決して古くさくない。
大きなストーリーの流れがわかりやすく、随所にちりばめられている心理的な描写もわかりやすい。子供だましな秘密兵器やドンパチが少なく人間関係中心で会話にウィットがあふれているところは「大人の」007とでも言うべきか。相変わらず出てくる女性は魅力的なのだが、いわゆるボンドガールとか言ってグラマーな女性をたくさん出すようなことはせず、ポイントを突いた女性の使い方が好感を持てる。

ドンパチが少なくていいと言ったが、個人的には空港のシーンで拍手してしまった。仕事に関係するシーンはやはり面白い。空港のセキュリティーはあんなに低くありませんから皆さんご安心を。

とにかくこの作品、DVDが出たらまた借りるか買って見直したい作品でした。
[PR]
by tamapool | 2006-12-10 23:18 | 映画・音楽・テレビ